送料全国どこでも500円。一万円以上で無料となっております。

頒布会 タイトル

頒布会 頒布会とは

頒布会 頒布会とは

頒布会 楽しみ方

7月のラインナップ
パイナップルの大福
パイナップルの大福

パイナップルと白餡を求肥で包みました。
南国フルーツと言えばパイナップル!甘酸っぱい果汁で口の中もさっぱり爽やか。

上生菓子
上生

季節の花などをテーマにして職人が1つ1つ手作りします。
こなし、練り切り、薯蕷饅頭など数種類の中から厳選したものをお届け。※写真はイメージです。

むしどら抹茶
むしどら抹茶

しっとりモチモチの抹茶味の生地で粒餡をはさんだ和菓子。
大人から子供まで人気の高い和菓子となっております。

はまぐり最中
はまぐり最中

島根県益田市の名産「鴨島はまぐり」をモチーフとした最中になっています。
はまぐりの形をした最中種で粒餡と求肥をはさみました。

つわ乃紅茶
紅茶

緑茶品種であるヤブキタを一番摘みし、渋みが少なくまろやかで優しい香りが特徴の紅茶に仕上げました。

頒布会 配達可能地域

頒布会 お詫び

和菓子の頒布会2人用 毎月第3日曜日配達 全6回 

価格: ¥2,300 (税込)
数量: セット
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (2件)

twitter

包装ができません。 熨斗をおかけすることができません。

商品詳細:
商品名:
和菓子の頒布会 
内容:
1ヶ月に1回、合計6回季節の和菓子をお届け。2人向けの内容となっております。
※注意:1回分が2300円となっております。毎月お支払いして頂く必要がございます。
内容量:
生菓子系2種類、季節の和菓子1種類、定番の和菓子1種類、飲み物は必ず入ります。
毎月第3月曜日には次月のラインナップに更新されます。毎月必ず商品ページをご確認くださいませ。
発送の見送りができます:
ラインナップをご覧になられてご満足頂けないようであればその月の発送を見送ることができます。
発送を見送られましても回数が減ることはございませんので次月に繰り越すことが可能です。
保存方法:
高温多湿・直射日光を避け、常温で保存
賞味期限:
:生菓子・大福1日:こいの里・どら焼きなどの焼き菓子5日:笑小巻7日:涼菓10日(商品が届いてからの賞味期限となります)

到着日の目安
原材料:
栗の大福 : 栗、白豆【岡山産白丸豆)、砂糖、水飴、餅粉、澱粉、アマミール
むしどら : 粒餡、黒砂糖、小麦粉、卵白、砂糖、膨張剤
いちごの大福 : いちご、白豆、砂糖、餅粉、水あめ、澱粉
ふくしろ : 白豆(北海道産福白金時)、小麦粉、砂糖、卵、水飴、米飴、蜂蜜、膨張剤
桜餅 : もち米、砂糖、水飴、小豆(北海道産)、さくらの葉、食紅
みあん梅   : 梅、増粘多糖類、果糖、砂糖、クエン酸ナトリウム
麩まんじゅう : 小麦粉、もち粉、砂糖、青海苔、水飴、澱粉、還元水飴、乳化剤、塩
むしどら抹茶  : 砂糖、小麦粉、小豆(備中産大納言)、卵白、抹茶、水飴、膨張剤
水ようかん: 備中産赤小豆、砂糖、岐阜山岡町産糸寒天、澱粉、卵白
笑小巻 : こしあん、砂糖、小麦粉、卵、還元水飴、膨張剤
鯉の里 : 砂糖、備中産赤小豆、水飴、澱粉、岐阜山岡町産細寒天、卵白
倭の風コーヒー : コーヒー豆
まめ茶 : カワラケツメイ(野草)
こしあん:小豆、砂糖、水飴
粒餡:小豆、砂糖、水飴
白餡:白豆、砂糖、水飴
こなし:白餡、餅粉、小麦粉、色粉
練切:白餡、つくね芋、色粉
薯蕷饅頭:米粉、砂糖、つくね芋、色粉
ういろう:米粉、餅粉、砂糖、色粉
村雨:白餡、米粉、餅粉、色粉
羊羹:小豆、砂糖、寒天、色粉
錦玉:砂糖、寒天、色粉
鹿の子:小豆、砂糖
黄身しぐれ:白餡、卵黄、米粉、色粉
小豆こなし:こし餡、餅粉、小麦粉、色粉
求肥:餅粉、米粉、水飴、砂糖
アレルギー表示:
むしどら : 小麦粉、卵白
ふくしろ : 小麦粉、卵
麩まんじゅう : 小麦粉
むしどら抹茶  : 小麦粉、卵白
水ようかん : 卵白
笑小巻 : 小麦粉、卵
鯉の里 : 卵白
こなし:小麦粉
小豆こなし:小麦粉
黄身しぐれ:卵(卵黄)
製造元:
有限会社 三松堂

お客様の声

島根びいきのマリリン様 投稿日:2022年03月20日
おすすめ度:
イチゴ大福、桜餅、共に、うっとりするおいしさですが、今回初めて届いた「津和野ボーロ」もまたおいしかったです。京都の蕎麦ぼうろと少し似ていますが、もっと硬く、味噌クッキーのようでもあり、どんな時に人々は食べるのだろう、と興味津々でした。この硬いお菓子を召し上がるというのは、津和野の人たちは歯が(顎が?)丈夫なのでしょうね。
マリリン様 投稿日:2021年11月21日
おすすめ度:
毎月、遠く津和野から、頒布会のお菓子が届くのが楽しみです。東京に住んで、年に1回ほど島根県益田市に仕事で通い始めて2年目に津和野に寄り、名前だけ聞いていた三松堂本店でお茶をしたのが、運命の出会いとなりました。最初に感動したのは、栗大福でした。栗のおいしさもさることながら、白餡の絶妙な使い方に舌を巻き、今回は、念願の白餡の羊羹も追加でお願いしました。京都に行くことも多く、東京にも京都にも和菓子の由緒あるお店はあるのに、なぜ、と思いながらも、やめられないのは、好みというか、縁なのでしょうか。季節ごとに発売される大福も、類似品は東京でもよくありますが、少なくとも、栗とイチゴとぶどうは、どこの店も及びません。まめ茶も、毎回別に注文するほど好きで、今年の夏は、麦茶の代わりに豆茶を大量に作って、食卓に常備したものです。今回の花茜は、一見すると、叶匠壽庵のあもに少し似ていますが、粒あんで、しっかりした仕上がりで、食べると別物で、こちらの方が好きだなあと、またもや贔屓のひき倒しなのでした。また次回も唸らせてくださいね。

関連商品

パイナップルの大福

和風梅ゼリー みあん梅

和菓子処 三松堂

三松堂

〒699-5604
島根県鹿足郡津和野町森村ハ19-5

フリーダイヤル: 0120-504-606

TEL: 0856-72-1600

FAX: 0856-72-1608

本日のお電話の受付時間は下記の通りです。

午前:9時~12時30分

午後:13時30分~16時30分

メール: info@sanshodou.co.jp


・ 店長日記はこちら 
・ 会社案内
・ お支払い・配送・返品
・ 雑誌に掲載されました

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ